「まん延防止等重点措置」の適用対象の指定に伴う市長からのメッセージ(令和4年1月26日)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1012068  更新日 令和4年1月26日

印刷 大きな文字で印刷

 国は、1月25日、静岡県を含む18道府県を「まん延防止等重点措置」の適用対象とすることを決定し、熱海市も適用対象となりました。期間は1月27日から2月20日までです。

 現在、感染拡大を続けているオミクロン株は、従来株と比べて感染力が強く、発症までの期間も短いため、感染が広がりやすいとされています。

 静岡県内における1月の感染者は、9974人(26日現在)であり、熱海市においても172人(26日現在)と急増しています。

 家庭内で感染が拡大していることを踏まえ、家庭における換気、手指消毒等の感染防止対策の一層の徹底をお願いします。特に、高齢者や基礎疾患を有する方など、重症化リスクの高い方がいる家庭では、体調が悪い方がいる場合等は、可能な範囲で不織布マスクの着用や食事を分けるなど、家庭内感染の拡大防止に努めてください。少しでも体調に変化がある場合は、出勤や登校を控え、かかりつけ医等に連絡のうえ受診をお願いします。

 市内事業者の皆様には、「まん延防止等重点措置」として、人流を抑制する観点から飲食店に対し、営業時間短縮等の要請を行います。また、要請に応じていただいた事業者には、協力金が支給されます。感染拡大を何としても食い止めるためにご協力をお願いします。

 こうした状況の中で、医療や介護の現場において、市民の命を守るため、強い使命感のもと昼夜を問わず懸命にご尽力いただいている皆様に、心から感謝申し上げます。

 現在の状況を克服していくためには、「一人ひとりが感染拡大防止のための当事者であるという意識を持ち、そのための行動をとっていく」、これをオール熱海で行うことが重要です。皆様のご理解とご協力をお願いします。

 

令和4年1月26日 熱海市長 齊 藤  栄

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 危機管理課 危機管理室
〒413-8550 熱海市中央町1-1
電話:0557-86-6443 ファクス:0557-86-6446
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。