国の「緊急事態宣言」に伴う市長からのメッセージ(動画)(令和2年4月18日)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1007951  更新日 令和2年4月20日

印刷 大きな文字で印刷

 国は、4月16日、新型コロナウイルスの感染が全国各地で急増していることから、人と人との接触を低減し、特に、大型連休に向けて人の移動を最小化することを目標に、「緊急事態宣言」の対象地域を、静岡県を含む全国すべての都道府県に拡大しました。期間は5月6日までです。

 熱海市は、事態の早期収束を目指して、「感染しない」、「感染させない」という意識を強く持ち、皆様とともに一丸となって予防と感染拡大防止を続けてまいります。

 このため、市民の皆様にお願いします。

1. 生活の維持に必要な場合を除く、外出の自粛を強く要請します。

2. やむを得ず外出する場合にも、「密閉」、「密集」、「密接」を徹底的に避けてください。

 なお、新型コロナウイルス感染症の影響を受ける皆様のための経済対策として、国、県や市でも様々な制度を用意しておりますので、ご活用できるように、案内してまいります。

 また、熱海市は、引き続き、感染予防に努めてまいりますが、万が一、市内で感染者が発生した場合の対応など、いざという時のために備えております。(別添参照)

 皆様には、大変ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力、周囲の方への心遣いをお願いします。熱海市では、引き続き、皆様に必要な情報を提供してまいります。

 熱海市外にお住まいの皆様におかれましても、国と静岡県が、不要不急の外出、都道府県をまたいだ移動の自粛を強く要請しています。このたびの対応は、国民が一丸となって爆発的な感染拡大を防ぐための措置であることをご理解いただき、緊急事態宣言が発令されております5月6日までの間、熱海市への来訪についてご配慮ください。

 最後に、この間も、市内で保育園や放課後児童クラブにおいて献身的に業務に携わっている皆様や、医療・介護現場で、自らも感染するリスクを抱え、強い使命感のもとに昼夜を問わず、治療やケアが必要な方を支え続ける皆様に、心から感謝申し上げます。

                               令和2年4月18日  熱海市長 齊藤 栄    

PDF形式のファイルをご利用になるには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 危機管理課 危機管理室
〒413-8550 熱海市中央町1-1
電話:0557-86-6443 ファクス:0557-86-6446
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。