水道施設の耐震化

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1004940  更新日 平成30年5月1日

印刷 大きな文字で印刷

熱海市では大規模地震に備えて水道施設の耐震化を進めています

大規模地震により、老朽化した水道施設(配水池・水道管)が被災すると、蛇口から水が出なくなってしまうだけではなく、

  • 地震による火災が発生した場合、消火用の水が出ない。
  • 病院などの施設において、緊急医療用の水が出ない。
  • 大量の水が水道施設からあふれ出ることにより、二次災害が発生する。

など、災害がさらに拡大することが懸念されています。

熱海市の水道の歴史は古く、明治42年より水道事業を開始し、昭和22年から昭和52年までの間、水道使用量増加と共に水道施設の整備を行ってきました。この年代に整備した水道施設が現在、老朽施設となりつつあります。

このため熱海市では、平成21年度より本格的に水道施設の耐震化事業に取り組んでいます。事業の内容としまして、

  • 老朽施設の耐震診断
  • 老朽施設の耐震工事
  • 耐震性能を有する配水池への建て替え工事
  • 耐震性能を有する水道管への入れ替え工事

などがあります。日頃から工事に伴う交通渋滞や騒音、断水や濁り水の発生により皆様には大変ご迷惑をお掛けしておりますが、安全な水を安定してお届けするために、どうしても必要な工事です。ご不便をお掛けしますが、ご理解いただきますようお願いいたします。

  • 写真1

    写真1(梅園配水池)
    耐震性能を有する配水池

  • 写真2

    写真2(工事現場)
    耐震性能を有する水道管の入れ替え
    (ダクタイル鋳鉄管)

  • 写真3

    写真3(工事現場)
    耐震性能を有する水道管の入れ替え
    (配水用ポリエチレン管)

PDF形式のファイルをご利用になるには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

公営企業部 水道温泉課 工務施設室
〒413-8550 熱海市中央町1-1
電話:0557-86-6506 ファクス:0557-86-6490
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。