熱海市汚水処理整備計画(アクションプラン)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1014961  更新日 令和5年12月18日

印刷 大きな文字で印刷

汚水処理整備計画(アクションプラン)とは

汚水処理整備計画(アクションプラン)は、国土交通省、農林水産省、環境省の3省により平成26年1月に作成された「持続的な汚水処理システム構築に向けた都道府県構想策定マニュアル」に基づき、未整備地区における汚水処理の早期概成を目指し、その実現のために策定された計画です。

汚水処理について、より効率的な汚水処理施設の整備・運営管理を適切な役割分担の下、計画的に実施していくため、汚水処理の所管部局が連携して、今後10年程度での早期整備計画を作成し、汚水処理の「概成」を目指すこととなりました。

熱海市の汚水処理整備計画(アクションプラン)

熱海市における汚水処理のうち、公共下水道事業は「熱海市公共下水道事業基本計画」(H26.8~R13.3)及び「熱海市下水道事業計画」(R4.4~R11.3)に基づき整備を行っています。

熱海市では、平成29年3月に公共下水道未整備地区における下水道整備計画(今後10年間の整備計画)として、「熱海市汚水処理整備計画(アクションプラン)」を策定しました。

計画期間

平成29年度から令和8年度(平成29年4月1日から令和9年3月31日)


PDF形式のファイルをご利用になるには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

公営企業部 下水道課 施設室
〒413-8550 熱海市中央町1-1
電話:0557-86-6526 ファクス:0557-86-6527
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。