すくすく応援ギフト

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1013348  更新日 令和5年1月25日

印刷 大きな文字で印刷

すくすく応援ギフト

全ての妊婦・子育て世帯が安心して出産・子育てができる環境を整えるために国が令和4年度から開始した事業です。妊娠22週以降に申請ができる「あたみっ子出産応援金」とは異なりますので、ご注意ください。

ギフト内容

2種類のギフトがあります。

申請の時点で熱海市に住民登録があり、他の自治体で支給を受けていない方が対象です。

すくすく応援ギフト
出産応援ギフト 妊婦1人につき現金5万円
子育て応援ギフト 子ども1人につき現金5万円

 

すくすく応援ギフトの流れ

1.母子健康手帳交付時にアンケートの記入、保健師または助産師、栄養士と面談をします。

2.出産応援ギフトの申請をします。

3.出産応援ギフトが支給されます。

4.妊娠7~8カ月頃にアンケートが送られてくるので、返送します。

5.妊娠8~9カ月頃に保健師または助産師からマタニティホットライン(電話相談)の電話が掛かってきます。

6.妊娠8~9カ月頃に保健師または助産師と面談をします。(希望者のみ)

7.出産後、赤ちゃん訪問にてアンケートの記入、面談をします。(里帰り先での訪問も可能)

8.子育て応援ギフトの申請をします。

9.子育て応援ギフトが支給されます。

申請期限

申請期限
出産応援ギフト 母子健康手帳交付時の面談後から、出産前まで
子育て応援ギフト 赤ちゃん訪問時の面談後から、生後4カ月まで

 

申請方法

窓口または郵送のどちらでも申請が可能です。

必要な書類など
出産応援ギフト

1.出産応援ギフト支給申請書兼請求書

2.母子健康手帳(郵送の場合は「妊娠の経過」のページのコピー)

3.口座が確認できるもの(郵送の場合はコピー)

※申請者及び振込口座名義人は妊婦になります。

子育て応援ギフト

1.子育て応援ギフト支給申請書兼請求書

2.口座が確認できるもの(郵送の場合はコピー)

※申請者及び振込口座名義人は養育者になります。

PDF形式のファイルをご利用になるには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康づくり課 健康づくり室
〒413-8550 熱海市中央町1-1
電話:0557-86-6294 ファクス:0557-86-6297
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。