児童手当

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1000967  更新日 令和2年5月25日

印刷 大きな文字で印刷

令和2年度 児童手当現況届の提出について

同封している封筒で提出してください

児童手当を受給中の方は、受給者の所得状況及び子どもの養育状況を確認するため、6月末日までに「児童手当現況届」を提出していただくことになっています。

児童手当現況届を提出されない場合は、受給資格があっても6月以降の児童手当を受給できなくなりますので、必ず6月30日(火曜日)までに熱海市役所 福祉事務所 子育て支援室 まで提出をお願いします。

現況届は、対象者に5月27日に発送する予定です。

今年度は、同封している封筒を使って郵送で提出をお願いします。なお、申請事項に不備があった場合、再度提出をお願いすることになりますが、その際の送料はご負担いただくことになりますので、提出をされる際は確認をお願いいたします。郵送での提出を原則としますので、南支所・泉支所での受付日は設けません。

平成29年11月13日から所得証明が省略できます。

熱海市に転入してきた申請者及び配偶者の所得情報については、

マイナンバー制度による情報連携により確認しますので、所得証明書の提出は

原則不要となります。

※他都市との情報連携によりやりとりされた自己情報はマイナポータル上で確認することができます。

 ・マイナポータルとは、政府が運営しているマイナンバーを利用したオンラインサービスです。

制度の概要

支給対象

 中学校修了まで(15歳に達した日以後の最初の3月31日まで)の児童を養育していて、主に生計を維持している方(父母などのうち所得の高い方)。

支給額

児童の年齢

月額(所得制限額未満)

月額(所得制限額以上)

3歳未満

15,000円

一律5,000円

3歳以上小学校修了前(第1子・第2子)

10,000円

3歳以上小学校修了前(第3子以降)

15,000円

中学生

10,000円

所得制限限度額

 
扶養親族等の数 所得制限限度額 給与収入総額の目安(控除前)

0人

622.0万円

   833.3万円

1人

660.0万円

   875.6万円

2人

698.0万円

   917.8万円

3人

736.0万円

   960.0万円

4人

774.0万円

1,002.1万円

5人

812.0万円

 1,042.1万円

手当の支給

原則として毎年6月、10月、2月にそれぞれの前月分までをまとめて指定口座に振込みます。支払日が金融機関の営業日でない場合は前営業日が支払日になります。

支払対象となる月 支払日
2月・3月・4月・5月 6月10日
10月・11月・12月・1月 2月10日
6月・7月・8月・9月 10月10日

児童手当の申請について

 出生や熱海市に転入などで受給資格が生じた場合は新規認定請求の手続きが必要です。

手当は請求した翌月分から支給対象となりますので、熱海市に転入された方、お子さまを出産された方については、お早めに請求手続きをしてください。
ただし、生まれた日が月末で請求手続きが翌月になる場合、出生した日の翌日から15日以内に請求していただきますと、請求した月分から支給対象となります。

 原則として、請求された書類など(不足書類などがある場合は不足書類を提出していただいてから)を審査をし、支給資格がある方には、請求された月の翌月分からの児童手当の支給がはじまります。

※公務員の方は勤務先へ申請してください。

必要書類

  1. 印鑑 (認印など、朱肉を使用するもの、※シャチハタ不可)
  2. 請求者(児童の養育者)名義の金融機関の口座がわかるもの
    ※ゆうちょ銀行の場合は、振込用の店名・店番(3ケタ)・口座番号(7ケタ)が必要です。
    ※請求者以外の口座(児童の名義、配偶者の名義)は指定できません。
  3. 請求者及びその配偶者のマイナンバー
  4. 厚生年金、私立学校教職員共済年金などに加入の方は、請求者の健康保険証または年金加入証明書
  5. 児童と別居されている方(原則として下記の書類等が必要です)
    【注意点】
    ※1 国内の別居(市内・市外)=仕事上の出張や転勤等の単身赴任に限ります。
    ※2 国外の別居=留学している場合に限ります。
    ※3 高校生のお子様に住所変更があった場合も、届出が必要となります。

 児童と別居されている方の必要書類

別居している児童が熱海市内に居住している場合
  • 別居監護申立書
  • 児童のマイナンバー

    ※住民票は不要。

別居している児童が市外(国内)に居住している場合
  • 別居監護申立書
  • 児童のマイナンバー
  • 住民票

※別居している児童を含む家族全員が記載され、本籍、続柄が記載されているもの。
※高校生も住民票は必要となります。

別居している児童が海外に居住している場合(留学のみ)
  1. 児童に係る海外留学に関する申立書
  2. 留学先の学校の在籍証明書
  3. 翻訳書

※日本国内に居住している第三者が「申立書」及び「証明書」等を日本語に翻訳し、翻訳者の署名、押印、連絡先を翻訳書に記載が必要となります。
※在籍証明書が日本語明記の場合は、翻訳は不要となります。

『留学』について

下記の3つの要件を満たしている必要があります。
A.日本に住所を有しなくなった前日までに、日本国内に継続して3年以上住所があったこと。
B.教育を受けるために外国へ居住し、父母等と同居していないこと。
C.日本に住所を有しなくなった日から3年以内であること。

上記以外の書類等が必要な場合があります。お問い合わせください。

児童手当の各種届出

児童手当は、届出されている内容に変更があった場合、下記の届出が必要となりますので、忘れずに手続きをお願いします。各種用紙は請求窓口にあります。
※手続きが遅れますと、手当を返還していただく場合があります。

額改定認定請求書 額改定届

  • 出生などにより養育する児童が増えたとき(手当は請求された月の翌月分から増額されます)
  • 養育する児童が減ったとき

受給事由消滅届

  • 児童を養育しなくなったとき
  • 他の市区町村に転出したとき
  • 受給者又は児童が死亡したとき
  • 受給者が公務員となったとき

変更届

  • 受給者又は児童の氏名・住所が変わったとき
  • 振込口座を変更したいとき(配偶者や児童などの名義には変更できません)

注意

公務員の方は勤務先で手続きをしてください。
勤務先で児童手当を受けるようになりましたら、消滅届の提出が必要になります。
その際には、辞令(写し)も必要になります。

PDF形式のファイルをご利用になるには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 社会福祉課 子育て支援室
〒413-8550 熱海市中央町1-1
電話:0557-86-6352 ファクス:0557-86-6338
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。