都市再生整備計画事業(旧まちづくり交付金)事後評価

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1001358  更新日 平成29年3月15日

印刷 大きな文字で印刷

都市再生整備計画事後評価の公表

都市再生整備計画事業(旧まちづくり交付金)は、地域の特性を活かした個性あふれるまちづくりを実現し、都市の再生を効率的に推進することにより、住民の生活の質の向上と地域経済・社会の活性化を図る目的として創設された制度です。
熱海市では、2期計画として平成21年度から平成25年度に国の都市再生整備計画事業(旧まちづくり交付金)を活用し、「熱海中央地区都市再生整備計画」を実施してきました。

事後評価の目的

都市再生整備計画の事後評価は、それがもたらした成果等を客観的に検証して、今後のまちづくりのあり方を検討すること及び事業の成果を住民にわかりやすく説明することを目的とします。

事後評価の公表

事後評価結果を公表します。

フォローアップ結果の公表

フォローアップ結果を報告します。

PDF形式のファイルをご利用になるには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

観光建設部 都市整備課 総務用地室
〒413-8550 熱海市中央町1-1
電話:0557-86-6411 ファクス:0557-86-6429
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。