熱海市自然環境等と再生可能エネルギー発電事業との調和に関する条例

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1009061  更新日 令和2年7月16日

印刷 大きな文字で印刷

熱海市自然環境等と再生可能エネルギー発電事業との調和に関する条例を制定しました。

条例制定の目的

 この条例は、熱海市の豊かな自然環境、良好な景観及び市民の安全で安心な生活環境の保全と再生可能エネルギー発電事業との調和を図り、もって潤いのある豊かな地域社会の発展に寄与することを目的としています。

条例施行日

令和2年10月1日

対象となる再生可能エネルギー発電事業・規模

(1)太陽光発電事業
   事業区域の面積が1,000平方メートル以上の事業

   ※事業区域・・・事業を行う一団の土地(継続的又は一体的に事業を行う土地を含む。)をいう。

(2)風力発電事業
   地盤からブレードの頂部までの高さが10メートル以上の事業

規制区域

 熱海市自然環境等と再生可能エネルギー発電事業との調和に関する条例施行規則の別表で定める区域

同意

 対象となる規模の事業を実施しようとするときは、市長の同意を得なければなりません。
   事業区域の全部または一部が抑制区域に位置する場合は、同意しないものとします。
 ただし、太陽電池モジュールの総面積が12,000平方メートル以下の事業であり、この条例の目的に照らして支障がないと認めるものにあっては、この限りではありません。
 

条例の適用

令和2年10月1日以降に設置工事に着手する事業に適用します。
※施行前においても、この条例により事前準備を行うことができます。

条例・規則

様式

手続きフロー

PDF形式のファイルをご利用になるには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 協働環境課 生活環境室
〒413-8550 熱海市中央町1-1
電話:0557-86-6272 ファクス:0557-86-6276
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。