食中毒に注意しましょう

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1009159  更新日 令和3年8月26日

印刷 大きな文字で印刷

令和3年8月26日から28日にかけて食中毒警報(細菌性食中毒 第2号)が発表されました。

県内は、気温が高い状態が続き、食中毒が発生しやすい気象条件となっております。

この状態は、明日以降も続くと予想されることから、食品の取り扱い施設及び一般家庭に注意を促すため、食中毒警報(細菌性食中毒)を発表します。

この警報の有効期間は8月26日から28日であり、その後は自然に解除されます。

注意事項

温度・湿度が高く、食べものがいたみ易い気象条件となっていますので、特に次のことに注意しましょう。

1 生で食べる食品の調理・取り扱いには十分に注意し、なるべく早く食べる。

2 調理前の手洗いを励行し、食品の衛生的な取り扱いを心掛ける。

3 冷蔵庫内の温度は10℃以下に保ち、食品の詰め過ぎに注意し、また、開閉回数を少なくするなど、食品の保存・管理には十分気をつける。

4 家庭や行楽先でも、調理食品や弁当などは低温で保存し、なるべく早く食べる。

 

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康づくり課 健康づくり室
〒413-8550 熱海市中央町1-1
電話:0557-86-6294 ファクス:0557-86-6297
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。