新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1011417  更新日 令和3年11月26日

印刷 大きな文字で印刷

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)

  • 海外の渡航先への入国時に、相手国などが防疫措置の緩和などを判断する上で活用されるよう、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種の事実を公的に証明する接種証明書を交付します。
  • 本接種証明書の交付申請受付は、即日交付では無いため、ご注意ください。標準処理期間として、1週間いただいております。郵送交付になりますので、出発日の10日前までに申請ください。なお、休日が多く含まれる週などは標準処理期間を超える可能性もあります。余裕を持った申請にご協力をお願いいたします。
    また、今後、接種証明書の変更などもあることから、渡航予定が数ヶ月先の方は、直前まで申請をお控えいただくことをお勧めします。詳細についてはホームページでお知らせしていきます。
  • 海外渡航の予定がない人は、当接種証明書(ワクチンパスポート)の交付は行いません。当接種証明書は、海外渡航の際に必要な方へ交付するものであり、それ以外の方が接種の記録を必要とする場合は、接種時に発行される「接種済証」又は「接種記録書」をご利用ください。
  • 申請先は、接種を受けた際のワクチンの接種券を発行した市町村(通常は住民票のある市町村)です。接種後に転居された場合など、1回目と2回目で別の市町村の接種券を使用して接種を受けた場合には、それぞれの市町村が申請先となります。

「新型コロナウイルスワクチン予防接種済証(臨時)」

  • クーポン券の中に予防接種済証があります。ワクチン接種後、接種情報を記録してお渡ししています。
  • 本書が接種済であることを示す公的な証明書になります。

「新型コロナワクチン接種記録書」

  • 医療従事者、高齢者施設の従事者などで、接種券付き予診票にて接種した人の接種記録になります。

対象者

  • 熱海市が発行したクーポン券を使用して接種を受けた人で、現に海外渡航の予定のある人

申請方法

  • 原則、郵送申請とし、審査後に郵送で交付します。

必要書類

  • 新型コロナウイルス感染症 予防接種証明書 交付申請書
    下記添付ファイルからダウンロード願います。
  • パスポート(旅券)の身分事項記載ページのコピー
  • 「接種済証のコピー」、「接種記録書のコピー」、「接種券のコピー」または「マイナンバー(個人番号)が分かる書類のコピー」
  • 請求者宛の返信用封筒(※返送先の宛名を記載の上、84円切手又は封筒サイズに合った切手を貼付したもの)

代理者が申請する場合(上記必要書類に加えて必要となるもの)

  • 「委任状」または「法定代理人の資格を証する書類」
  • 代理人の身分証明書(運転免許証・保険証など)のコピー

   ※代理者が同一世帯員であっても必要となります。

手数料

  • 無料

送付先

  • 〒413-8550 熱海市中央町1-1
    健康福祉部 健康づくり課 新型コロナウイルスワクチン接種対策室

入国時において接種証明書が利用可能な国(R3.11.19現在)

(太字は新たに追加されることになった国・地域)

  • アイスランド、アイルランド、アラブ首長国連邦、アルゼンチン、アンゴラ、アンドラ、英領バミューダイスラエル、イタリア、インドネシア、英国、エクアドル、エチオピア、エストニア、エルサルバドル、オーストラリア、オーストリア、オマーン、オランダ、カナダ、ガボン、ギリシャ、グアマテラ、コスタリカ、サモア、ジャマイカ、ジョージア、シンガポール、スイス、スペイン、スリランカ、スロバキア、スロベニア、セントクリストファー・ネービス、セントビンセント、ソロモン諸島、タイ、チュニジア、デンマーク、ドイツ、ドミニカ共和国、トルクメニスタン、トルコ、ニカラグアニュージーランド、バーレーン、バチカン、パプアニューギニア、パラオ、パラグアイ、バングラディシュ東ティモールフィリピンフィンランド、フランス、ブルガリア、ブルネイブータン、米国(グアムのみ)、ベトナム、ベラルーシ、ベリーズ、ベルギー、ポーランド、ボスニア・ヘルツェゴビナ、香港、ホンジュラス、マーシャル諸島、マルタ、マレーシア、モルディブ、モンゴル、リトアニア
  • 韓国については、接種証明書は、隔離免除書発行に必要な書類のうちのひとつである「予防接種証明書」として認められます。
  • フランスについては、渡航手続きとは別に、フランス国内でレストランなどの入店などに際して求められる衛生パスについては、駐日フランス大使館ホームページの外国人旅行者向け衛生パスの説明をご確認ください。
  • オーストラリアについては、当面は原則としてニューサウスウェールズ州及びビクトリア州へ入域するオーストラリア人及び永住者とその直近の家族が対象となります。
  • 上記以外の国・地域については、随時、外務省ホームページで公表があります。
  • 世界各国において、現時点でどのような入国制限措置及び入国に際しての条件・行動制限措置がとられているかは、外務省海外安全ホームページをご参照ください。
  • 日本入国に際しては、証明書の有無にかかわらず、水際対策に係る各種防疫措置の対象となり、引き続き検査証明書の提示や入国後の自宅待機などが求められます。詳細は、厚生労働省ホームページをご参照ください。

PDF形式のファイルをご利用になるには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康づくり課 
新型コロナウイルスワクチン接種対策室
〒413-8550 熱海市中央町1-1
電話:0557-81-1115 ファクス:0557-86-6297