熱海市別荘等所有税の更新(延長)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1000771  更新日 令和3年3月17日

印刷 大きな文字で印刷

別荘等所有税の更新理由

熱海市は、温暖な気候に加え、海、山、温泉などの豊かな自然環境に恵まれているばかりでなく、新幹線で東京から約45分の距離に位置し、首都圏からの交通が至便である等の地理的条件に恵まれた都市であり、日本における代表的な国際観光温泉文化都市として位置づけられております。

本市の自然環境や立地条件の良さに着目し、高度経済期を境に主として週末あるいは休日に利用するためのリゾートマンション、一戸建別荘が激増しました。

それに伴い、激増したマンション、別荘などから出されるごみ処理などの環境衛生費は増加し、上下水道施設や消防設備の充実が推し進められてまいりました。

しかし、このようなインフラ整備費などが、年々増加する中にあって、地域住民の税収だけでは、とても賄いきれない状況になってきたため、別荘等所有者の皆様にもご負担をお願いすべく自治大臣(現総務大臣)と協議し、その許可を得て昭和51年度より「別荘等所有税」を創設し、8回の更新を経ております。

今後においても、これらに起因する各種行政施設の整備などに対する財政負担は大きいことから、令和3年度以降においてもこうした財政需要を賄うため、引き続き、別荘等所有者の皆様に受益者負担金的な見地から応分のご負担をお願いすべく、地方税法第669条に基づき総務大臣に更新の協議を行い、同意を得たものです。

別荘等所有税の概要

課税団体
静岡県熱海市
税目名
別荘等所有税(法定外普通税)
課税客体
主として保養の用に供する家屋又はその部分等(以下「別荘等」という。)
課税標準
別荘等の延面積
納税義務者
別荘等の所有者
税率
1平方メートルにつき 年額650円
徴収方法
普通徴収
収入見込額
(初年度)529,796,000円 (平年度)528,180,000円
非課税事項
国並びに都道府県、市町村、特別区、これらの組合及び財産区
徴税費用見込額
年間約17,217,000円
課税を行う期間
令和3年度から令和7年度まで

このページに関するお問い合わせ

経営企画部 企画財政課 財政室
〒413-8550 熱海市中央町1-1
電話:0557-86-6133 ファクス:0557-86-6152
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。