断水解消後の通水時注意事項

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1011350  更新日 令和3年7月10日

印刷 大きな文字で印刷

断水解消後の通水時注意事項

断水後の通水時は、濁り水が出やすく、その水は飲料水には向いていません。次のことにご注意いただき、濁りや臭いがないことを確認してからご使用ください。

・最初に洗面所や台所の蛇口(あれば外の散水栓の蛇口)を少しずつ開きましょう。

 断水中に水道管の中に空気が入り、その空気の圧力で蛇口が大きく飛び跳ね、破損してしまう恐れがあります。

・蛇口から出ている水の濁りや臭いを確認してください。

 蛇口を少しずつ開き、3分から5分ほど水を流し、濁りや臭いがないことを確認してからご使用ください。なお、流している間の水は貯めていただき、トイレ等の雑用水として活用ください。

 ご不便、ご面倒をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

このページに関するお問い合わせ

公営企業部 水道温泉課 経営企画室(企画)
〒413-8550 熱海市中央町1-1
電話:0557-86-6484 ファクス:0557-86-6490
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。