伊豆湘南道路のまちづくり

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1001400  更新日 平成29年3月15日

印刷 大きな文字で印刷

静岡県と神奈川県を結ぶ
伊豆と湘南を結ぶ
豊かな広域圏の未来を道路で結ぶ
"伊豆湘南道路"

伊豆湘南道路とは

イラスト:伊豆湘南道路(イメージ)

伊豆湘南道路は、湘南方面から熱海を経て、三島・沼津方面を結ぶ新たな道路構想です。昭和38年頃より小田原沼津道路構想として検討されてきましたが、本格的な要望活動を進めるため、平成10年8月に4市4町及び議会、商工会議所等の協力により「伊豆湘南道路建設促進期成同盟会」を立ち上げ、国や県に要望活動を行っています。

伊豆湘南道路は、当初静岡県東部地域から神奈川県西部地域までの全線を「高規格道路」として結ぶ構想でしたが、伊豆縦貫自動車道東駿河湾環状道路などの整備が進み、また神奈川県の西湘バイパスの延伸も検討されているなど、周辺道路の状況に変化が生じていることから、これらの既存の道路を最大限活用することにより伊豆湘南道路を早期に実現すべく、要望活動を行っています。

現状と課題

現状

  • 県境の箱根山系を越える道路は急勾配・急カーブが連続し、国道1号(箱根峠 標高846メートル)は平均縦断勾配6%以上
  • 冬季、凍結・積雪による交通障害
  • 国道1号は静岡県側1日あたり約1万台、神奈川県側1日あたり約2万台の交通量。国道135号は共に1日あたり約2万台の交通量
  • 国道135号の夏季シーズンの交通量は1日あたり約3万台、混雑時の平均速度は1時間あたり30キロメートル以下
  • 県道11号熱海函南線(熱函道路)では平均勾配11%が続く区間あり、フェード現象による事故が発生
  • 西湘バイパス小田原以西に位置する真鶴・湯河原への道路は渋滞が著しい

課題

  • 交通アクセス不良のため、観光地である真鶴町・湯河原町・熱海市は観光入込が低下している
  • 静岡・神奈川県境付近には雨量規制区間があり、豪雨時には約7万人以上が孤立する可能性あり
  • 相模湾沿岸は、斜面崩壊・地滑りの危険区域あり
  • 津波被害が想定されるが、代替道路がない
写真1
箱根峠
写真2
積雪による渋滞(熱函道路)

写真3
観光期の渋滞
(国道1号 箱根関所跡付近)
写真4
観光期の渋滞
(国道135号 熱海市渚町付近)

写真4
週末の渋滞
(国道135号 石橋料金所付近)
写真5
フェード現象により発生した事故
(熱函道路)

写真6
西湘バイパスと国道135号の
合流点の渋滞
写真7
崖沿いを走る国道135号
(小田原市早川付近)

写真8
海岸沿いを走る国道135号
(湯河原町吉浜付近)

整備効果

伊豆湘南道路ルート想定図:西湘バイパス小田原IC→真鶴→湯河原→熱海→函南を通るルート

物流の効率化、観光の活性化、広域的な都市間交流による新たな地域文化の創造及び雪害、地震等の災害対策等、当圏域のさらなる発展に様々な分野で多大な貢献が図れます。

また、小田原~沼津間の所要時間も約82分から約39分へと大幅な時間短縮効果が発生しますので、首都圏及び静岡方面から伊豆・小田原・箱根地域の観光目的車両を分散させる効果が得られます。
(伊豆湘南道路整備に関する基礎調査(平成10年3月)より)

ストック効果

  • 観光振興(入込増大)
  • 観光周遊ルート(宿泊客数増加)
  • 農業・漁業の振興→活性化(生産額増加)
  • 物流の定時性の確保、配送圏域が拡大

交通機能の向上

  • 時間距離の短縮
  • 渋滞解消
  • ネットワーク化
  • 首都圏・関東圏・中京圏へのアクセス向上
  • 交通の安全性、快適性の確保

防災機能の確保

  • 緊急輸送路の確保
  • 広域消防緊急搬送路
  • くしの歯作戦の骨格道路

伊豆湘南道路建設促進期成同盟会

伊豆湘南道路建設促進期成同盟会は、静岡県東部地域と神奈川県西部地域を結ぶ規格の高い道路「伊豆湘南道路」建設の早期実現を期し、両県相互の振興発展を図ることを目的として、平成10年8月に発足しました。

主な事業

  • 総会、役員会の開催
  • 幹事会の開催
  • 国、県及び関係機関への要望活動の実施
    (国土交通省、国土交通省関東地方整備局、国土交通省中部地方整備局、静岡県庁、神奈川県庁等)
  • 当圏域における高規格道路の調査、分析及び広報活動
    視察研修の実施
    広域交通網に関する勉強会の実施
    ホームページ、リーフレットによる情報発信
  • その他、伊豆湘南道路の早期建設を実現するために必要な事業

会員

  • 静岡県側
    沼津市、長泉町、三島市、函南町、熱海市、沼津商工会議所、長泉町商工会、三島商工会議所、函南町商工会、熱海商工会議所
  • 神奈川県側
    湯河原町、真鶴町、小田原市、湯河原町商工会、真鶴町商工会、小田原箱根商工会議所
写真1
平成27年1月23日国土交通省での
要望活動(佐々木基国土交通
審議官に対する要望)
写真2
平成27年1月23日国土交通省での
要望活動(石井喜三郎国土交通
審議官に対する要望)
写真3
平成27年1月23日国土交通省での
要望活動(深澤淳志道路局長に
対する要望)
写真4
平成27年1月23日国土交通省関東地方
整備局での要望活動
(後藤貞二道路部長に対する要望)
写真5
平成27年1月26日静岡県庁での要望
活動(川勝平太静岡県知事に対する
要望)
写真6
平成27年1月26日静岡県庁での要望
活動(難波喬司静岡県副知事に対する
要望)
写真7
平成27年1月26日静岡県庁での要望
活動(多家一彦静岡県議会議長に
対する要望)
写真8
平成27年2月2日国土交通省中部地方
整備局での要望活動
(八鍬隆局長、谷脇暁副局長、
大庭孝之道路部長に対する要望)

このページに関するお問い合わせ

観光建設部 都市整備課 総務用地室
〒413-8550 熱海市中央町1-1
電話:0557-86-6411 ファクス:0557-86-6429
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。