痩身をうたうオンライン美容医療にご注意ください

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1009259  更新日 令和2年9月14日

印刷 大きな文字で印刷

痩身をうたうオンライン美容医療にご注意ください

 美容医療をオンライン診療で行うクリニックに関する相談が2017年頃から寄せられており、近年増加しております。これらの相談では痩身目的の治療について、オンライン上で初診、薬剤の処方やその後の継続的な診療が行われています。また、国内では2型糖尿病治療薬として承認されているGLPー1受容体作動薬を痩身目的で消費者に自己注射させるケースがみられます。

 相談内容を見ると対面診療での美容医療サービスに関する相談と同様、クリニックのウェブサイトの広告や説明内容などに問題があるケースや、解約・返金などのトラブルになったケースに加え、「冷蔵保存する必要のある薬剤が常温で海外から届いた」など薬剤の処方・管理に問題があるケースや、「副作用が出たためクリニックに相談したが、医師の対応がない」など副作用が出た場合の対応が不十分なケースもみられるため十分な注意が必要です。

国民生活センターより相談事例や問題点、消費者へのアドバイスなどが発表されましたので下記リンクより是非ご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 協働環境課 市民協働推進室
〒413-8550 熱海市中央町1-1
電話:0557-86-6201、0557-86-6191 ファクス:0557-86-6276
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。