新型コロナウイルスなどに対する家庭でのマスクなどの捨て方

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1007969  更新日 令和2年5月18日

印刷 大きな文字で印刷

ウィルス性感染症対策としてのごみの出し方

ごみを出すときの5つの注意点

家庭での対策

感染の有無に限らず、各ステーションなどにごみを捨てるときには下記5点に十分注意してください。
住民の皆様への感染拡大のほか、ごみ収集従事者への感染拡大も防止することができます。

1.ごみ袋はしっかり縛って封をする
2.ごみ袋の空気を抜いて出す
3.生ごみは水切りをする
4.普段からごみの減量を心掛ける
5.熱海市の分別ルールを確認する

ご協力よろしくお願いいたします。

 

PDF形式のファイルをご利用になるには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 協働環境課 環境センター
〒413-0033 熱海市熱海字笹尻1804-8
電話:0557-82-1153 ファクス:0557-82-5371
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。