ごみ焼却施設の運転実績と分析結果

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1000853  更新日 平成29年4月27日

印刷 大きな文字で印刷

ごみ焼却施設各種データ測定(サンプリング)箇所

稼働情報 別紙1の各種測定箇所及びサンプル採取場所を説明します。焼却炉を運転する際に常時24時間1号炉、2号炉ともに燃焼ガス温度、集じん器入口温度、一酸化炭素濃度を連続測定しています。燃焼ガス温度の測定箇所は、各焼却炉のごみ燃焼部の排ガスが通る天井付近の温度計で測定しています。集じん器入口温度は、各焼却炉の減温塔から集じん器への煙道内の温度計で測定しています。一酸化炭素濃度は、各焼却炉の集じん器から煙突への煙道内の測定器で測定しています。排ガス、焼却灰、飛灰については委託業者によって、サンプルを採取し、各焼却炉ごとに測定しています。サンプルの採取場所を説明します。排ガスのサンプリング場所は、各焼却炉の煙突内部から採取します。採取された排ガスの、ばいじん濃度、窒素酸化物濃度、硫黄酸化物濃度、塩化水素濃度、ダイオキシン類濃度を測定します。焼却灰のサンプリング場所は、各焼却炉から焼却灰が落下する灰押出機の出口部から採取します。採取された焼却灰のダイオキシン類の濃度を測定します。飛灰のサンプリング場所は、各焼却炉の集じん器下部の飛灰の落下シュート点検口から採取します。採取された飛灰のダイオキシン類の濃度を測定します。搬入ごみも年数回サンプルを採取し搬入ごみの性状調査を行います。搬入ごみのサンプルリング場所は、ごみピットからクレーンにて無作為にごみを掴みサンプルを採取します。

施設の運転実績

ごみ及び下水道汚泥焼却実績(過去3年分)

【炉内温度】【集じん器入口温度】【一酸化炭素濃度】連続測定記録(過去3年分)

排ガス分析・ダイオキシン類分析・ごみ質測定分析結果

排ガス測定分析結果(過去3年分)

ダイオキシン類測定分析結果(過去3年分)

ごみ質測定分析結果(過去3年分)

PDF形式のファイルをご利用になるには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 協働環境課 環境センター
〒413-0033 熱海市熱海字笹尻1804-8
電話:0557-82-1153 ファクス:0557-82-5371
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。