緊急安全確保区域の変更及び捜索活動と生活再建などを優先する区域の設定について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1011398  更新日 令和3年7月31日

印刷 大きな文字で印刷

立入禁止区域の見直しについて

 捜索活動の方法や重点範囲に見直しがあったことから「立入禁止区域」(赤枠)を見直します。

本件の見直しは、本日(7月31日)正午から適用いたします。

 あわせて「調整区域」のうち、緑色で表記する主要ライフライン未復旧区域についても復旧の進捗にあわせて見直します。また、ピンク色で表記していた捜索活動拠点については、規模縮小のため削除しました。

 オレンジ色で表記する建物は「立入禁止区域」から除外し、立ち入ることができるようになりますが、可能性を否定できない土石流の再発などを考慮して、現状での居住は困難と判断し「特定建物」としました。

 なお、「立入禁止区域」、「調整区域」、「特定建物」は今後のライフラインの復旧や防災工事の進捗などにより順次更新いたします。

国道135号線通行止め解除に伴う立入禁止区域等の変更について

国道135号線の通行止め解除(7月29日午後3時)に伴い、下記区間について立入禁止などの制限を解除します。

対象区域:国道135号線 足川交差点から伊豆山交差点にかかる区域

なお、区域を示した図面を災害対策本部前に掲出しましたので、ご確認ください。
この解除・制限は捜索活動や復旧工事の進捗状況により見直し、更新します 。
 

緊急安全確保区域の変更及び捜索活動と生活再建等を優先する区域の設定について

令和3年7月18日午後2時をもって、伊豆山の一部地域に区域の設定をしました。

  1. 緊急安全確保解除区域(別添図の赤い斜線外側の部分)
  2. 捜索活動の拠点区域(別添図のピンクで表記)
  3. 段階的な生活再建をめざす区域(別添図のグリーンで表記)
  4. 立入禁止する区域(別添図の赤い斜線で表記)
  5. 捜索活動優先道路(別添図のピンクで表記)
  6. 生活再建優先道路(別添図の黄色で表記)

PDF形式のファイルをご利用になるには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 危機管理課 危機管理室
〒413-8550 熱海市中央町1-1
電話:0557-86-6443 ファクス:0557-86-6446
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。