成人男性の風しん抗体検査及び定期予防接種について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1006802  更新日 令和3年3月31日

印刷 大きな文字で印刷

成人男性の風しんの第5期の定期接種事業(抗体検査及び予防接種)について

風しん予防接種は、現在、予防接種法に基づき公的に行われています。しかし、公的な接種を受ける機会がなかった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性は風しんの抗体保有率が他の世代に比べて低く(約80%)なっています。

そのため、風しんの流行拡大防止を目的として、2019年4月1日より2022年3月31日までの3年間に限り、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性を対象として風しん抗体検査及び予防接種を無料で実施します。この制度は熱海市が独自で実施している、妊娠を希望する女性及び妊婦の家族などを対象とした「風しんの予防接種費用の助成 熱海市ホームページID1001085」とは異なります。

 

 

利用の流れ

昭和47年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性にはクーポン券を令和元年5月末日に郵送。送付したクーポン券の有効期限は2020年3月末日と表記されておりますが、令和4年2月(2022年2月)まで使用できます。

昭和37年4月2日から昭和47年4月1日生まれの男性にはクーポン券を令和2年3月末日に郵送。

 抗体検査及び予防接種を医療機関で受ける場合は医療機関に直接予約をしてください。

熱海市内の実施医療機関は下の「熱海市内の風しん抗体検査及び予防接種実施医療機関一覧表」をご覧ください。

全国の医療機関や検診機関は厚生労働省ホームページ「風しんの追加的対策について」でご確認ください。

予防接種は1回実施、使用するワクチンはMR(麻しん風しん混合)ワクチンです。

国保特定健診や事業者が実施する健診と一緒に風しん抗体検査が受けられる場合がありますので、直接、健診実施機関などにお問い合わせください。

 

風しんに対する免疫があることが明らかな場合について

下記のいずれかに該当する人は、既に風しんに対する免疫があると考えられますので、今回の風しん抗体検査や風しん予防接種を受ける必要はありません。

1)風しんにり患したことがある

2)風しん抗体検査を受けて抗体価が高かった

3)風しんの予防接種を受けたことがある

しかし、予防接種の記録など、それを証明する物がない場合、本人が希望すれば今回の風しん抗体検査や風しん予防接種を受けることができます。

 

 

風しんの免疫がない人について

平成26年4月以降に風しん抗体検査を実施し、その結果抗体価が低い場合、その記録を持参すれば風しん抗体検査を受けずに風しん予防接種を受けることができます。抗体価の判定は下記の一覧表を参照してください。

PDF形式のファイルをご利用になるには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康づくり課 健康づくり室
〒413-8550 熱海市中央町1-1
電話:0557-86-6294 ファクス:0557-86-6297
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。