新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1011323  更新日 令和3年9月7日

印刷 大きな文字で印刷

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金について

申請期間が令和3年11月末まで延長となりました。

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中で、総合支援金の再貸付を終了した世帯などで、収入、資産、求職などの一定の要件を満たす世帯に新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金を支給します。

1.支給対象世帯

緊急小口資金などの特例貸付を利用できない世帯で、以下の要件を満たすもの

※総合支援資金の再貸付を終了した世帯や、再貸付について不承認とされた世帯(生活保護受給中の世帯を除く)

(1)収入要件

収入が下記1・2の合算額を超えないこと(月額)

1.市民税非課税額の12分の1

2.生活保護の住宅扶助基準額

例:熱海市の場合
世帯人数 収入要件額
単身世帯 118,000円
2人世帯

167,000円

3人世帯 205,000円

(2)資産要件

世帯の預貯金の合計額が以下の例を超えないこと(ただし100万円以下)

例:熱海市の場合
世帯人数 資産要件額
単身世帯 486,000円

2人世帯

738,000円
3人世帯 942,000円

(3)求職活動要件

  • 月1回以上、自立支援相談機関の相談などを受けること
  • 月2回以上、公共職業安定所の職業相談を受けること
  • 原則週1回以上、求人先へ応募を行う、または求人先の面接を受けること

 ・就労による自立が困難であり、この給付終了後の生活の維持が困難と見込まれる場合には生活保護の申請を行うこと 

2.支給額、支給期間

(1)支給額(月額)

  • 単身世帯:60,000円
  • 2人世帯:80,000円
  • 3人世帯以上:100,000円

(2)支給期間 

7月以降の申請月から3カ月間(申請受付は11月まで

3.相談・受付窓口

(1)申請、相談に関すること

熱海市社会福祉協議会

電話番号:0557ー86ー6339、0557ー86ー6340

住所:静岡県熱海市中央町1番26号 総合福祉センター2階

受付時間:平日午前8時30分から午後5時30分

 

(2)新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金の制度に関すること

 厚生労働省 コールセンター

 電話番号 0120ー46ー8030

 受付時間 平日午前9時00分から午後5時00分

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 社会福祉課 生活保護室
〒413-8550 熱海市中央町1-1
電話:0557-86-6331 ファクス:0557-86-6338
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。