健康寿命が2年延びる!?健康寿命を延ばす生活習慣とは!

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1005102  更新日 平成30年1月10日

印刷 大きな文字で印刷

厚生労働省の研究で、十分な睡眠や毎日の歩行など健康的な生活習慣が多い人ほど、
健康寿命(健康上の問題がない状態で日常生活を送れる期間)が長くなることが分かってきました。
いつまでも自立して暮らせるように、ぜひ生活習慣を見直していきましょう!

いますぐ実行したい!健康的な生活習慣ベスト5!

あなたはどれだけ当てはまりますか??

下の表からご自分が該当する生活習慣にチェックをつけてみましょう!

健康的な生活習慣チェック

チェック欄 

生活習慣

  非喫煙または禁煙5年以上
  1日平均30分以上歩く
  1日の平均睡眠時間は6~8時間
  野菜を多めに食べる
  果物を多めに食べる

さぁ、皆さんはいくつチェックがつけられたでしょうか。

下表はチェックできた数に応じた健康寿命の延長期間を示しています。

生活習慣と健康寿命の延長
該当数  健康寿命の延長期間

2つ

11.5カ月

3つ

17.4カ月

4つ

23.9カ月

5つ

25.4カ月

5つチェックがつけられた方、すばらしいですね!そのまま続けていただきたいです。

チェックが2つ、3つの方、諦めないでください!下図の習慣化ステップを参考に、

これから取り組んでみましょう!

健康的な生活を習慣化するには!?

健康的な生活習慣を身につける!習慣化の4ステップ

以下に具体的かつ効果的なステップを挙げてみました。ぜひ参考にしてみてください!

習慣化ステップ1
目的の設定をしましょう!
「ナゼ?」と自分に問いかける ”良い生活習慣を身につけたい”理由を考えます。
例)
「ナゼ?」⇒いつまでも健康的に暮らしたいから
「ナゼ?」⇒子ども(孫)の結婚式に立ち会いたいから

習慣化ステップ2
目標の設定をしましょう!
挑戦しやすい目標に沿って取り組む 目標は実際に自分が行動できるような表現にします。
例)
早く寝る⇒いつもより15分早く寝る
野菜料理を一品足す⇒カットされている野菜でサラダを作る

習慣化ステップ3
取り組みを意識化しましょう!
メモ帳、手帳に取り組み状況を書く 目標が実行できたら「〇」、出来なかったら「×」と記入します。
これを毎日続けて、自分が挑戦していることを日々実感できるようにします。
〇を付けられた日は自分を褒めて、やる気を高めていきましょう!

習慣化ステップ4
取り組みを継続化しましょう!

最初は続けることを目指す

習慣を定着させるためにはある程度の期間取り組むことが必要です。

まずは1カ月続けてみて、3カ月、6カ月と徐々に取り組む期間を延ばしていきましょう!

 

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康づくり課 健康づくり室
〒413-8550 熱海市中央町1-1
電話:0557-86-6294 ファクス:0557-86-6297
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。