熱海市任意PCR検査事業について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1009163  更新日 令和2年8月27日

印刷 大きな文字で印刷

熱海市任意PCR検査事業の概要

熱海市では、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、不特定多数の来訪者などとの接客を担う市内事業者の従業員の不安を解消するとともに、市外に向けて感染予防対策の実施をPRするため、任意でのPCR検査に要する費用の一部を助成する取り組みを実施します。

対象者

熱海市内事業者の従業員のうち、以下の条件にいずれかに該当する者

(1)室内、車内等において、観光客等と長時間接触する可能性が高い業務に従事する者

(2)観光客等の咳、くしゃみ等の飛沫、体液等に直接触れる可能性の高い業務に従事する者

※全国及び市内のクラスター事例となった、カラオケ設備を伴う飲食店、接客等を伴う飲食店、酒類を提供する飲食店をはじめとした事業者への受診を勧奨

助成額等

任意PCR検査に要する費用のうち、自己負担分5,000円を除いた額

※助成費用上限:2万円

※助成は、1人1回限りです。

(1)市の受託医療機関で検査(受託医療機関=国際医療福祉大学熱海病院、熱海所記念病院)

自己負担分5,000円のみ、差額は市が受託医療機関に支払い

(2)受託医療機関以外で検査

検査費用を全額医療機関へ支払い。事業所から市へ償還払の申請後、市から費用の一部を支払い

※検査期間:令和2年9月30日(水曜日)まで

 

ご利用の流れ

利用の申請

1.市ホームページより検査利用の申請書をダウンロード

   ※申請書は市役所3階観光経済課にも用意します。

2.必要事項を記入して、下記へ郵送・ファクス又はメールのいずれかにてお申込みください。

〇送付先

〒413-8550

熱海市中央町1-1 熱海市観光経済課

ファクス 0557-86-6199

Eメール kanko@city.atami.shizuoka.jp

※検査期限は令和2年9月30日(水曜日)までとなっておりますので、お早めにお申し込みください。

3.市より「受診券」を事業所へ郵送いたします。

  ※申込者分をまとめて郵送いたします。

検査の予約【受託医療機関=国際医療福祉大学熱海病院、熱海所記念病院】、検査、支払い

4.「国際医療福祉大学熱海病院」又は「熱海所記念病院」へ事業所から検査の予約をお願いします。

※予約後、医療機関の検査用書類作成にご協力ください。

※検査期間は、令和2年9月30日(水曜日)まで、1人1回までとなります。

5.検査

6.医療機関への自己負担額5,000円をお支払い

協力金の支給

熱海市任意PCR検査事業を利用し、検査結果が陽性となった従業員が確認された場合において、自ら店名等の公表に応じた事業者に対して、「感染拡大防止措置協力金」として1事業所あたり10万円を支給します。

※支給は1事業所1回限りです。

※本事業の趣旨は公表を強制するものではありません。

様式

PDF形式のファイルをご利用になるには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

観光建設部 観光経済課 観光推進室
〒413-8550 熱海市中央町1-1
電話:0557-86-6195 ファクス:0557-86-6199
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。