新型コロナウイルス感染症休業要請協力金について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1007971  更新日 令和2年6月16日

印刷 大きな文字で印刷

熱海市新型コロナウイルス感染症拡大防止協力事業者協力金

 

熱海市の協力金の申請受付は終了しました。ご協力ありがとうございました。

 

趣旨

熱海市では、新型コロナウイルス感染症の市内拡大を防止するため、市外からの来訪者が多い宿泊施設、飲食店及び観光施設等に向けて休業要請をすることに伴い、休業要請にご協力いただいた事業者に対し協力金を交付します。

休業要請期間

【当初要請分】

4月25日(土曜日)から5月6日(水・祝)まで

【延長要請分】

5月7日(木曜日)から5月20日(水曜日)まで

対象者の範囲

【当初要請分】、【延長要請分】ともに対象事業者は以下のとおりで、納期が到来した市町村税などに未納がないことが前提となります。

○宿泊施設:ホテル、旅館、簡易宿所等

○飲食店(食品衛生法に基づく許可を受けた施設のうち、食品衛生法施行令第35条第1項及び第2項に該当するもの):

1 飲食店営業(一般食堂、料理店、すし屋、そば屋、レストラン、カフェ、バー、キャバレー等)

※市外からの来訪者を抑制する趣旨から、市民向けのテイクアウト・出前のみの営業は除きます。

2 喫茶店営業

○観光施設等:見学、体験等を目的とした観光客の受入を行う施設等

協力金の額

【当初要請分】

要請期間を通じて協力いただいた1事業者(法人・個人)あたり

一律10万円

【延長要請分】

要請期間を通じて協力いただいた1事業者(法人・個人)あたり

宿泊施設 30万円

飲食店及び観光施設等 10万円

申請の流れ

1.申請書類等送付

市役所から対象施設・店舗に申請書類等を郵送

2.申請受付

同封の返信用封筒にて申請書類等を提出

【当初要請分】令和2年5月29日(金曜日)までにご提出ください。(必着)

【延長要請分】令和2年6月15日(月曜日)までにご提出ください。(必着)

3.お支払い

請求書記載の振込先にお支払い

申請書類

下記書類をご提出ください。

1.(様式第1号)誓約書

2.(様式第2号)請求書

3.休業の状況が確認できる書類

  例:事業収入額を示した帳簿の写し、休業期間を告知するウェブページ・店頭ポスターの写し等

4.食品衛生法に基づく「営業許可証」の写し ※飲食店のみ

5.市区町村税の完納証明書

 ・主たる店舗(個人の場合は住所地)が熱海市の場合

  ⇒提出は不要です。

 ・主たる店舗(個人の場合は住所地)が熱海市外の場合

  ⇒主たる店舗(個人の場合は住所地)のある市区町村役場で

   市区町村納税証明書を取得し、添付してください。

※当初要請期間(4/25~5/6)及び延長要請期間(5/7~5/20)ともにご協力いただいた場合、誓約書、請求書及び休業確認書類は【当初要請分】、【延長要請分】ともに必要となりますのでご注意ください。なお、【当初要請分】の申請書類をすでにご提出いただいている事業者においては、書類4.5の提出は不要です。

静岡県新型コロナウイルス感染拡大防止協力金について(県の制度)

静岡県による協力金申請窓口は、下記のとおりとなります。

○第一期(休業期間が4月27日から5月6日までのもの)・・・熱海市

第一期の申請書類が必要な方は熱海市から書類を郵送いたしますので、観光推進室までご連絡ください。

○第二期(休業期間が5月7日から5月17日までのもの)・・・静岡県

第二期の申請方法は、「オンライン申請」もしくは「静岡県へ郵送(簡易書留)」となります。

県制度の詳細についてはこちらからお願いします。

このページに関するお問い合わせ

観光建設部 観光経済課 観光推進室
〒413-8550 熱海市中央町1-1
電話:0557-86-6195 ファクス:0557-86-6199
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。