くらしのミニミニ情報!

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1005201  更新日 平成31年2月8日

印刷 大きな文字で印刷

2018年 消費生活ニュース!

1.「お試し」のつもりが「定期購入」に!

サプリメントのイラスト

「初回無料」「1回目90%OFF」などを強調し契約したところ、いつの間にか定期購入になってしまっていた。お試し価格の料金分しか払いたくないが、事業者としてはお試し価格の料金は定期購入の契約が条件であり、広告などの注意事項にも記載している。途中解約の場合、キャンセル料以外に発送済みの商品代金や送料なども支払ってほしいとの主張で、多数のトラブルが発生しました。

※購入前に契約内容や解約条件をしっかりと確認しましょう!

2.20歳になったばかりの若者のトラブルが多発!

成人になったばかりの方からの相談が多く寄せられています。SNSを通じて狙われることもあり、一旦契約してしまうと容易にやめられなくなってしまいます。「簡単に儲かる」「今日なら安い」などの誘い文句には注意し、安易に契約しないようにしましょう。2022年からは「18歳成人」です。
 

3.近年増加のネットトラブル。ご高齢の方は特に注意!

インターネットショッピングをしている女性

アクティブシニアのインターネットトラブルが増加しております。自分にとって都合の良いように解釈しない、気軽にURLをクリックしないことが大切です。曖昧なまま契約せず、納得がいくまで説明を受けるようにしてください。

※インターネットでの契約は通信販売となりクーリング・オフ対象外です!
※購入前にキャンセル・返品条件、利用規約を確認しましょう。
※サイト内や注文完了メールなどに不自然な日本語表現、振込口座が個人名義など不自然な点がある場合、
 悪質な業者の可能性があります!

4.覚えのない請求が!架空請求に注意!

心当たりのない不審なメールや架空請求ハガキについての相談が後を絶ちません。問い合わせ先が記載されていても絶対に連絡しないでください。メールアドレスや電話番号など個人情報を相手に知られてしまいます。
その他、消費生活についてお困りごとがございましたら、支払い後でも悩まず、下記問い合わせ先までご連絡ください!

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 協働環境課 市民協働推進室
〒413-8550 熱海市中央町1-1
電話:0557-86-6201、0557-86-6197 ファクス:0557-86-6276
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。