熱海市グループウェア等内部情報システム導入に係る公募型プロポーザルの実施について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1007267  更新日 令和1年8月13日

印刷 大きな文字で印刷

事業概要

本業務は、既存グループウェアの移行性並びに既存ネットワーク、システム、機器との親和性、保守性を考慮したうえで、安定稼働を実現できる環境を構築するため、公募型プロポーザルを実施します。

業務名

熱海市グループウェア等内部情報システム導入

業務内容

グループウェア構築等の詳細は、「仕様書」のとおりです。

調達方法

公募型プロポーザル方式

業務期間

導入作業期間 契約締結日から2020年3月末まで
賃貸借期間 2019年10月下旬から2024年10月下旬まで(60カ月)

限度額

以下はすべて消費税及び消費税相当額を除く

導入費

10,000,000円

運用・保守費

4,466,700円

グループウェア構築に係る費用はリース会社と賃貸借契約を行います。そのため、交渉事業者はその仕様やリース元となる金額等について、リース入札前に覚書の締結を行うものとします。その具体的な内容については、本市と交渉事業者が協議の上決定することとします。また、保守業務については、受託候補者と委託業務を締結することとします。

スケジュール

受付開始 8月14日
参加表明書提出

8月27日 17時00分まで

参加資格結果通知 8月29日
質問受付期限 9月3日 17時00分まで
質問回答期限 9月10日
辞退届提出期限 9月13日 17時00分まで
企画提案書提出期限

9月13日 17時00分まで

プレゼンテーションの実施

10月2日

10月3日

優先交渉権者の決定 10月中旬
覚書締結予定 10月中旬

参加資格

以下の条件をすべて満たすこととします。なお、参加資格確認後において、資格要件を満たさなくなった場合は、参加資格及び契約交渉権を取り消す場合があります。

  • 会社更生法(平成14年法律第154号)に基づく更生手続開始の申立て又は民事再生法(平成11年法律第225号)に基づく再生手続き開始の申立てがなされていない者であること。
  • 本市の入札参加資格(システム開発・保守・運用)を有する者であること。
  • 過去5年以内に、本業務と同種のシステムを他の自治体において導入している実績を有すること。また、そのシステムが2019年8月1日時点で可動していること。

添付ファイル

このページに関するお問い合わせ

経営企画部 秘書広報課 広報情報室(情報)
〒413-8550 熱海市中央町1-1
電話:0557-86-6093 ファクス:0557-86-6041
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。