第五次熱海市総合計画策定支援業務にかかる公募型プロポーザルの実施

ページ番号1006735  更新日 令和1年6月10日

印刷 大きな文字で印刷

第五次熱海市総合計画策定支援業務委託に係る公募型プロポーザルの実施について

概要

本市の市政運営の指針となる「第四次熱海市総合計画」が、令和2年度に目標の最終年次を迎えることから、現行計画の成果検証を行った上で、「第五次熱海市総合計画」を策定する必要があります。また、本市では「熱海市まち・ひと・しごと創生総合戦略」が、令和元年度に最終年次を迎えることから、現行の総合戦略を1年延長し、第五次熱海市総合計画の策定にあたっては第五次熱海市総合計画に次期総合戦略を統合して、より効率的で実効性のある市政運営の指針とする必要があります。以上のことから第五次熱海市総合計画の策定にあたっては、人口ビジョンを見直した上で、その後の社会・経済状況や本市の抱える様々な課題、第四次熱海市総合計画の成果を踏まえるとともに、幅広く市民の意見やニーズを取り入れる必要があります。このように多くの労力と専門的なデータ収集・分析・検討が必要となることに加え、総合計画と総合戦略の統合という例の少ない手法を採用することから、豊富な経験、高い専門知識を有し、効率的かつ効果的に第五次熱海市総合計画の策定の支援を実施できる事業者に業務の一部を委託します。

業務名

第五次熱海市総合計画策定支援業務委託

業務内容

第五次熱海市総合計画策定支援業務仕様書のとおり

参加資格

(1) 熱海市建設工事等の請負に係る競争入札に参加する者に必要な資格に基づく競争入札参加資格の認定を受けている者であること。

(2) 他の地方公共団体において、総合計画策定業務及び地方人口ビジョン・地方版総合戦略策定業務の受託実績があること。※いずれか一方の受託実績のみの事業者はプロポーザルに参加できません。

(3) 地方自治法施行令第167条の4第1項の規定に該当しない者及び同条第2項の規定に基づく熱海市の入札参加制限を受けていない者であること。

(4) 公告の日(5月28日)から委託候補者を選定する日までの間に、本市からの受託業務に関し、指名停止を受けていないこと。

(5) 会社更生法第17条の規定に基づく更正手続開始の申立て又は民事再生法第21条の規定に基づく再生手続開始の申立てがなされている者(会社更生法の規定に基づく更正手続開始の申立て又は民事再生法の規定に基づく再生手続開始の申立てがなされた者であって、更正計画の認可が決定し、又は再生計画の認可の決定が確定したものを除く。)でないこと。

(6) 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条に規定する暴力団又は暴力団の構成員若しくは暴力団の構成員でなくなった日から5年を経過しない者の統制下にない事業者であること。

実施スケジュール

スケジュール
内容 日時

ホームページへの公告

令和元年5月28日(火曜日)
プロポーザルに関する質問の受付期限 令和元年6月6日(木曜日)正午まで
質問に対する回答 令和元年6月10日(月曜日)
参加申込書等提出期限 令和元年6月6日(木曜日)午後4時まで
プロポーザル参加者の決定 令和元年6月10日(月曜日)
企画提案書の提出期限 令和元年6月19日(水曜日)午後5時まで
プレゼンテーション 令和元年7月9日(火曜日)予定
委託候補者の選定・公表 令和元年7月中旬
契約・委託開始 令和元年7月中旬~下旬

 

質問及び回答について

PDF形式のファイルをご利用になるには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

経営企画部 企画財政課 企画室
〒413-8550 熱海市中央町1-1
電話:0557-86-6074 ファクス:0557-86-6152
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。