外国人観光客等受入環境整備事業費補助金

ページ番号1001756  更新日 平成29年8月1日

印刷 大きな文字で印刷

民間事業者等が行う、無料公衆無線LAN整備・和式トイレから洋式トイレへの改修に対し、予算の範囲内において補助金を交付することにより、本市を訪れる外国人観光客等の受入環境の向上を図ります。
※無料公衆無線LAN整備に関して、施設用の回線と利用者に提供する回線を分ける等、事業者及び利用者の双方が安全に利用できるよう対策を講じること。

 

 

外国人観光客等受入環境整備事業 詳細

事業

公衆無線LAN整備事業

和式トイレから洋式トイレへの改修事業

補助対象事業
  1. 無料公衆無線LAN機器の新規設置
  2. 既存の無線LAN機器から無料公衆無線LAN機器への交換
  3. 無料公衆無線LANの接続可能エリアを拡大するための新たな機器設置
  4. 1~3により整備する無料公衆無線LANは、施設利用者の誰でも利用できるものであり、総務省の基準に順ずる認証を行うものであること。
  5. アクセスポイントの識別名(=SSID)は「Free_Wi-Fi_ATAMI」等の利用者に分かり易いものとすること。
  6. 施設および利用者の双方が安全に利用できるよう対策を講じること。
  1. 和便器から洋便器へ取り替える工事
  2. 洋便器(暖房便座、洗浄器付便座など)への改修工事
  3. 上記1に付随して、トイレ内の利便性を向上させるため設備を改修、設置する工事(手摺り、オストメイト用設備、ベビーシート、ベビーホルダーの改修、設置など)
  4. 上記1、2に付随する一連の工事

給配水管、配線、間仕切りの改修など

※専ら従業員が使用することを目的とするトイレは除く。
※持ち帰りのみや配達飲食サービスは除く。
 

補助対象施設

(※和式トイレから洋式トイレへの改修事業については飲食施設に限る。)

  • 宿泊施設:旅館業法(昭和23年法律第138号)第3条第1項の許可を受けて営業を行う施設
  • 観光施設:見学、拝観、体験等を目的とした観光客の受入れを行う施設
  • 飲食施設:食品衛生法(昭和22年法律第233号)第52条第1項の許可を受けて営業を行う施設
  • その他商業施設:一般財団法人熱海市観光協会、伊豆湯河原温泉観光協会、伊豆山温泉観光協会、多賀観光協会若しくは網代温泉観光協会の会員又は熱海商工会議所の会員である者が経営する施設

 

上記施設のうち次の1~6に揚げる項目のうち少なくても1つを満たしている又は事業完了までに満たすこと。

  1. 施設の案内が多言語で用意されていること。
  2. 施設の利用案内の印刷物が多言語で用意されていること。
  3. クレジットカードによる決済ができること。
  4. コミュニケーションシート(指差しシート)が用意されていること。
  5. 多言語又は写真による食事メニューが用意されていること。
  6. 国税庁から輸出物品販売場の許可を受けていること。
補助金額
  • 無料公衆無線LANルーター機器本体の購入経費
  • 無料公衆無線LAN設置に係る設計及び工事に要する経費 

⇒経費の2分の1以内の額(上限50万円)

 

  • 既存の無線公衆無線LANの設定の変更に要する経費

⇒経費と同額(上限2万)

 

※1,000円未満の端数を生じたときは、これを切り捨てるものとする。

  • 洋式トイレ化改修工事費
  • 洋式トイレ化改修工事費に伴うトイレ内の環境整備に要する工事費

⇒経費の2分の1以内の額(上限25万円)

 

※1,000円未満の端数を生じたときは、これを切り捨てるものとする。

受付期間 平成29年9月4日(月曜日)から  
申込先 熱海市観光建設部観光経済課 観光推進室 0557-86-6195

 

PDF形式のファイルをご利用になるには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

観光建設部 観光経済課 観光推進室
〒413-8550 熱海市中央町1-1
電話:0557-86-6192 ファクス:0557-86-6199
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。